Bitocoin(ビットコイン)が世間で話題になってから仮想通貨について調べ始めるとブロックチェーンという言葉をよく耳にするようになりました。

仮想通貨以外でもブロックチェーンの言葉を耳にする事もあります。

でも、いきなりブロックチェーンと言われても何の事か全くわかりません。

一体、ブロックチェーンとはなんなのか?

仮想通貨についてもっと理解を深める為には、まずはブロックチェーンの意味をしっかりと理解する必要があります。

この記事では世界が注目するブロックチェーンの仕組み・メリットを解説していきます。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンは分散型台帳分散型ネットワークとも呼ばれています。

ブロックチェーンを簡単に説明すると売買の取引データ(トランザクション)をみんなで管理する台帳になります。

このような仕組みをP2P(Peer to Peer)と呼びます。

ブロックチェーンはサトシ・ナカモトの論文からBitcoin(ビットコイン)を支える技術として生まれました。仮想通貨はブロックチェーンの技術によって成り立っているという事です。

諸説ありますが、論文を書いたサトシ・ナカモトは現時点では誰なのか?誰もわかりません。ミステリーに包まれています。

こちらはサトシ・ナカモトの論文です。英語がオリジナル版ですが、親切に日本語の翻訳された論文もあるので大体の内容を掴む事が出来ると思います。

・サトシ・ナカモトの論文はこちら

Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System

・誰かが日本語に翻訳してくれた日本語版

日本語で読むビットコイン原論文 [by Satoshi Nakamoto]

この論文から生まれたBitcoin(ビットコイン)の存在が認知されると、ブロックチェーンの技術も世界中で注目されるようになりました。

ブロックチェーンの技術を仮想通貨で使われる技術と思う人も多いはずですが、実はブロックチェーン は仮想通貨以外にも流通契約など他の業界でも活用出来る事から様々な業界から注目が集まっています。

ブロックチェーンの活用業界は後ほど説明していきます。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンは台帳のような仕組みを持った技術です。

「台帳なんて前からあるのになぜ注目されるのか?」、「一般的な台帳とブロックチェーンの台帳は何が違うのか?」と疑問ばっかりなるのでわかりやすく説明していきましょう。

ブロックチェーンでは台帳が一般にも公開されていて、みんなが台帳を見る事が出来ます。これを分散型台帳と呼ばれています。いきなり分散型台帳と言われてもしっくりこないので分散型台帳に分けて説明していきます。

分散型

出典:btrax

上の左側の図を見てわかる通り、取引履歴などのデータは銀行などの1つのデータベースに集約され管理をしていています。全てのデータが1ヶ所に依存している状態です。

この事を中央集権型システムといいます。

一方、ブロックチェーンの分散型は右の図のようにこの1ヶ所に依存しているデータを分散して管理する事を指します。

要するに一人じゃなくてみんなで監視して管理しましょう。という事です。

みんなで管理するので取引履歴が見えて透明性が高く、分散する事でサーバー障害などの障害に対して高い耐性を実現する事が可能です。

例えば、管理元のデータが壊れたり管理元がデータを間違えたりすると整合性が取れなくなったりします。分散型にする事でデータが複数の管理元で管理されるので1つの管理元のデータが壊れても他の管理元がデータを保存しているのでデータは安全です。

台帳

一般的に台帳だとこんな感じで色々なデータを記帳して管理していきます。

こちらはBLOCKCHAINのサイトで公開されているトランザクションデータです。

このようにトランザクションデータは暗号化されて公開されていて、誰でも使う事が出来ます。

ブロックチェーンの技術が誕生してから今までの全ての取引履歴が記録されていて、全ての記録をみんなで共有しています。

ブロックチェーンの台帳はみんなに公開されて、見張られているので取引履歴の書き換え

 

ブロックチェーンの台帳に新しく取引内容が書き込まれる時、書き込まれる前にみんなが取引内容がチェックをしてから正しいものだけが新たに台帳に記録されます。

全ての取引内容がみんなにチェックされて正しい内容のもの記録として残っていきます。

ブロックチェーンのメリット

ブロックチェーンの大きな特徴として「サーバーが分散されている」事と、オープンなネットワークで「誰でも取引履歴が閲覧する出来る」という2つの特徴があります。

データの改ざんが困難

サーバーが分散されているので取引履歴の改ざんや消去が困難になります。

ネット障害に強い

 

手数料とスピード

 

ブロックチェーンの活用

既に冒頭でお伝えしましたがブロックチェーンの技術はBitcoin(ビットコイン)のような仮想通貨のみではなく、様々な業界から注目されている技術です。

経済産業省によるとブロックチェーンに関連した市場規模は将来的には67兆円になると予想されています。

既に仮想通貨の業界以外のたくさんの有名企業がブロックチェーンを取り入れています。これからはブロックチェーンの専門技術を提供する企業とかも生まれるかもしれませんね。

では、仮想通貨以外でブロックチェーンの技術はどのように活用されているのか?ここでは仮想通貨以外のブロックチェーン技術を使った活用方法例を紹介していきます。

食品安全管理

Walmart(ウォルマート)

アメリカの大手スーパーマーケットのWalmart(ウォルマート)IBMと組んで物流を追跡する「スマートパッケージ」のシステムを開発。既に特許も出願した。

農産物貿易

Bext360

農業テクノロジーを提供するBext360は世界で二番目に大きな貿易商品のコーヒーをStellar.orgのブロックチェーン技術を活用している。このサービスは30キログラムのコーヒー豆をAからCまで3段階に分析し、仲介業者を介さずに直接ユーザーが購入する事が出来る。

不動産取引

imbrex

通常、不動産の物件はREINS(レインズ)という不動産業者のみが見れるシステムに登録されている物件を紹介しています。、今まで中央集権型で管理をしていた物件をブロックチェーンの技術を活用して売り側と買う側のマッチングをするサービスです。

ブロックチェーンまとめ

たくさんの大手企業がブロックチェーンの活用を検討し始めています。ブロックチェーンの技術を活用する事で私たちの生活がもっと便利になっていくでしょう。

ブロックチェーンの技術を触れて肌で感じてみるには、まずは仮想通貨を買ってみるのがいいでしょう。ブロックチェーンの理解がより一層深まると思います。

おすすめ国内仮想通貨取引所はこちら

おすすめの記事