Bitcoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)などの仮想通貨取引を始めていくとよく耳にするハードフォーク。Bitcoin(ビットコイン)がハードフォークで分裂!、Ethereum(イーサリアム)がハードフォーク分裂!なんてニュースも既に読まれた方もいるのではないでしょうか。

一体、ハードフォークってなに?方の為、この記事では世界が注目する仮想通貨のハードフォークわかりやすく解説していきます。

ハード フォークとは?

Bitcoin(ビットコイン)が分裂してBitcoin Cash(ビットコイン キャッシュ)が誕生!なんてニュース見た事ありませんか?

日本語だとハードフォークと一つの言葉で説明されていますが、英語ではHard(ハード)とFord(フォーク)に分かれています。英語でFork(フォーク)には分岐という意味があります。

1つの仮想通貨が分裂して2つになったりするのでハードフォーク = 分裂のイメージが強いですが、ハードフォークを簡単に説明すると仮想通貨のアップデートになります。

仮想通貨はブロックチェーンの技術をベースに成り立っているので、仮想通貨に使われているブロックチェーンの仕様アップデートするとイメージするとわかり易いです。

仮想通貨のアップデートにはハードフォークソフトフォークの2種類のアップデートの方法があります。そのうちの1つがハードフォークです。

ソフトフォークに関してはこちらで説明しています。

 

ハードフォークのアップデート方法はアップデートが行われたタイミングから新しい仕様を適応します。新しいブロックの仕様を適応しても、古い仕様のブロックは継続されます。

ただ、新しいブロックと古いブロックの互換性はないので、結果的に2つブロックに分岐してしまいます。この新しいブロックと古いブロックの2つに分かれる仮想通貨のアップデート方法をハードフォークといいます。

ハードフォークが行われる予定を確認する

ハードフォークが行われる予定を確認するにはCOINMARKETCALのサイトが便利です。

なぜハードフォークが行われるのか?

スケーラビリティ問題

ハードフォークが行われる理由として一番の理由がスケーラビリティ問題です。

スケーラビリティ問題とは?

1つのブロックに書き込めるトランザクション数が決まっている事が原因で起きる遅延障害です。例えば、Bitcoin(ビットコイン)ではブロックサイズが1MBと決められています。

利用者が増えれば増える程、トランザクションの処理が遅くなります。

将来的にはもっと仮想通貨の利用者が増えて

仮想通貨のメリットである送金スピードや送金手数料が

ハッキング対策

2016年6月にドイツのSlock itが始めた人気仮装通貨のEthereum(イーサリアム)を使ったICOプロジェクトThe DAOの虚弱性が原因となり、Ethereum(イーサリアム)がハッキングにより360万ETH(当時の価格で約43億円)盗み出されました。

ただ、Ethereum(イーサリアム)を盗んだハッカー達も28日間、盗んだEthereum(イーサリアム)を別のアドレスに移す事が出来ない状況でした。

この時に行われた対策方法がEthereum(イーサリアム)をハードフォークして資金移動がなかったことにする対策方法が取られました。

ハードフォークのメリット

機能が向上する

基本的に技術改善や不具合の解消の為にハードフォークは行われます。ハードフォークが行われるという事は、不具合が解消されて現在の仮想通貨よりも優れた機能を持った仮想通貨が誕生する事になります。

分裂した仮想通貨が貰える

ハードフォークが行われる仮想通貨を取引所に預けていると、ハードフォークが行われた時に新しく誕生する仮想通貨を貰える事があります。

Bitcoin(ビットコイン)がハードフォークをしてBitcoin Cash(ビットコイン キャッシュ)が誕生した時には、保有しているBitcoin(ビットコイン)と同数のBitcoin Cash(ビットコイン キャッシュ)を貰う事が出来ました。

新しく誕生した仮想通貨は価格が低いです。もちろん、最初から分裂した仮装通貨の価格が高い事もあります。後々、分裂して貰った新しい仮想通貨の価格が上昇する事で資産が増える可能性があります。

ちなみに今までハードフォークを行ったメジャーなBitcoin Cash(ビットコイン キャッシュ)やEthereum Classic(イーサリアム クラシック)は共に価格が上昇しています。

ハードフォークのデメリット

ハードフォークは仮想通貨で重要なイベントです。

ハードフォークが行われると新しいブロックチェーンが誕生します。新しいブロックチェーンと古いブロックチェーンの互換性はありません。

リプレイ攻撃

 

取引の停止

ハードフォークが行われる数時間前から入出金が出来なくなります。

ブロックチェーンの安定稼動を確認した後、取引が再開されます。

取引所によって取引の停止期間や再開日程は異なるので、各取引所から連絡を確認しましょう。取引所のTwitterのアカウントをフォローしておくと便利です。

送金の遅れ

ハードフォークが行われる事でブロックチェーンが分裂してしまうと、取引所でもアップデートに対応が必要になります。エラーやトラブルによる送金に遅れが生じる可能性があります。

価格の下落

ハードフォークが行われる時にはリスクは絶対にあります。リスクを懸念するユーザーが保有しているハードフォークが行われる仮想通貨を一斉に売りに出す事で仮想通貨の価格が下落する可能性があります。

ハードフォークまとめ

ハードフォークの大きなメリットとして新しく誕生する仮想通貨を貰える事があります。

しかし、ハードフォークが行われる際には、リスクもあるのでハードフォークが行われる際に入出金をする事はおすすめ出来ません。各取引所からのアナウンスをしっかり確認して対応していく必要があります。

保有している仮想通貨の情報は常にしておきましょう。

おすすめの記事