仮想通貨について調べ始めるとICOって言葉をよく耳にするようになりました。なんかICOって儲かるらしい!とかICOで騙された!とか。

でも、いきなりICOと言われても何の事か全くわかりません。

一体、ICOとはなんなのか?

仮想通貨についてもっと理解を深める為には、まずはICOの意味をしっかりと理解する必要があります。

ICOってなに?って方の為、この記事では世界が注目する仮想通貨のICOをわかりやすく解説していきます。

ICOとは

ICOとはInitial Coin Offeringの略になります。

英語で説明されてもさっぱりですよね。

ICOを簡単に説明すると仮想通貨を活用した資金調達方法です。ICOで資金を調達する為に仮想通貨を発行しますが、ここで発行する仮想通貨はトークンと呼ばれます。

今まで一般的な資金調達の方法は株式を発行して投資家に株式を買ってもらう事で資金調達を行っていました。ICOは株式の代わりにトークンを使うと理解すれば問題ないです。

ICOを行う時は企業もしくはプロジェクト発足者がトークンを独自で発行し、トークンを買ってもらう事で資金調達をする事が可能になります。

トークンを販売する事からICOの事をトークンセールと呼ぶ事もあります。

ICOとIPOの違い

ICOとIPO共に資金調達をする為に行われますが、何が違うのでしょうか?

通常、IPOを行う際は仲介である証券会社を介して株式を発行しますが、ICOの場合は仲介をしません。

ICOでは仲介業者を介さない為、手間がかからずより簡単に早く資金調達を行う事が出来ます。

ICOのメリット

トークン発行者

ICOを行うメリットしては

  • 世界中から資金を募る事が出来る
  • 実績や担保が不要

トークン購入者

トークンを買う一番のメリットはハイリターンです。トークンのプロジェクトが成功しトークンの価値が上がる事で資産価値が増えます。

いわゆる億り人です。

トークンを早く買えば買うほどメリットはあります。

  • 発行されたトークンの利用が出来る
  • 短期間で資産を増やす事が出来る

ICOの注意点

トークン購入者

トークン発行者側のデメリットは今のところ特にないと思います。

トークン購入者にデメリットが集中してる感じです。

ICOでは証券会社のような仲介業者を介さない為、誰でもICOを行う事が出来てしまいます。その為、ICOを利用した詐欺的なトークン販売が多いのも事実です。

購入したトークンの価値が上がれば大きなリターンを得る事が出来ますが、信頼出来る情報を見分けるが非常に難しいです。最悪のケースは購入したトークンを持ち逃げされる可能性があります。

最近では詐欺的なトークンの広告が数多く出稿された為、大手のメディアGoogle、Facebookは仮想通貨の広告掲載が出来なくなっています。

FaceBookに引き続きGoogleなど主要ネット広告が仮想通貨の広告規制を発表

各国やメディアではICOにルールを設け、規制を始めています。こういった動きで詐欺的なICOが少なくなっていくでしょう。

まとめ

ICOは仮想通貨が世の中に普及してから誕生した画期的な資金調達方法ですが、現在は仲介業者を介す必要がないので詐欺的な問題がたくさんあるのが事実です。

何か起こるのかがわからないのでホワイトペーパーやICO評価・格付けサイトを活用して必要以上にたくさんの情報を取得しましょう。

情報を取得しただけでは足りないのでTwitterなどのソーシャルメディアを活用して仮想通貨の獣人達に聞いてみるのも一つの手です。

リスクが多いICOですがICOに参加したいと思っている場合はビットコインやイーサリアムを先に保有しておきましょう!

おすすめの記事