仮想通貨ってBitcoin(ビットコイン)?Bitcoin(ビットコイン)って?よく耳にするするけど仮想通貨が実際どういうものなのか分からない、Bitcoin(ビットコイン)って名前は聞いた事があるなんて人は多いと思います。

この記事では世界が注目する仮想通貨の仕組み・メリットを解説します。

仮想通貨とは

仮想通貨は一般的なお金と違い電子データとしてインターネット上だけに存在しています。手にとって見れたり出来ません。

仮想通貨の始まりは2008年10月にサトシ・ナカモトと名乗る人物によってインターネット上に投稿された論文に基づいて作られたBitcoin(ビットコイン)です。

サトシ・ナカモトの論文はこちら

Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System

誰かが日本語に翻訳してくれています。

日本語で読むビットコイン原論文 [by Satoshi Nakamoto]

簡単に説明すると金融機関などを通さずにネットワークで接続されたユーザー同士が直接低コストで取引できる電子マネーのアイデア。

この論文がBitcoin(ビットコイン)に姿を変えたんです。

その後、同様の技術を用いてBitcoin(ビットコイン)で補えない部分を補う為、色々な仮想通貨が開発されます。日本で有名なBitcoin(ビットコイン)以外の仮想通貨だと連日ニュースになったNEM(ネム)やRipple(リップル)になります。

Bitcoin(ビットコイン)以外の仮想通貨の事をアルトコインと呼びます。Bitcoin(ビットコイン)やアルトコインの事を一括りで仮想通貨と呼んでいます。

仮想通貨の種類

現在、仮想通貨は1600種類以上とも言われています。

また、実際の通貨より安全に利用できるよう考案された代表的

代表的な仮想通貨

Bitcoin(ビットコイン)

Ethereum(イーサリアム)

Ripple(リップル)

仮想通貨の使い道

Bitcoin(ビットコイン)で儲かったなんて話が多いので投資のイメージが強いですが、買い物、送金など使用用途は様々です。

日本の大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)などはBitcoin(ビットコイン)

ユニークな使い道ですと

仮想通貨の使い道はコインによって違います。何か物を買った時の支払いや海外送金など用途は様々です。

仮想通貨のメリット

仮想通貨の一番大きなメリットは国に関係しないことでしょう。仮想通貨は為替交換の差額がありません。

日本で1万円の価値は北海道、東京、沖縄どこでも同じ価値ですが、アメリカなど日本以外の国で使おうとするとどうでしょう?1万円が900ドルになったり1200ドルになったり為替相場で成り立ちます。

日本とアメリカでビジネスをする場合、売る方も買う方も為 替相場を意識しています。 その差額が直接利益に影響するからです。

仮想通貨は国が発行している通貨ではないので、外国為替と言う概念がありません。世界中で同じ価値を持っています。

仮想通貨のデメリット

仮想通貨が使える場所

おすすめの記事