この記事はMicroMoney / AMM(マイクロマネー)の概要、特徴や買い方などをわかりやすく説明していきます。

MicroMoney / AMM(マイクロマネー)とは

MicroMoney(マイクロマネー)はベラルーシ出身のAnton Dziatkovskii(アントン・ザヤトコフスキー)が設立したフィンテック企業です。

現在はシンガポールをヘッドオフィスとしてアジアを中心に展開しています。

東南アジアやアフリカなど発展途上国では、まだまだ銀行口座を持ってない人が多く銀行からお金を借りる事も出来ません。

MicroMoney(マイクロマネー)はこのような銀行口座を持っておらず信用が無い人でも、お金を借りれる事をサービスを提供しています。

MicroMoney / AMM(マイクロマネー)はEthereum(イーサリアム)をベースとしています。

MicroMoney / AMM(マイクロマネー)はブロックチェーンの技術を活用し個人の信用履歴をデータベース化しています。

ロードマップ

2015年にカンボジアからスタートしてミャンマー、タイにて展開しています。今後はインドネシア、スリランカ、フィリピンまで展開国を拡大して最終的には世界中で展開する予定です。

 

基本情報

ホワイトペーパーはこちらから

現在の価格

チャート相場

MicroMoney / AMM(マイクロマネー)の特徴

 

MicroMoney / AMM(マイクロマネー)の将来性

日本ではなかなか想像がつかないですが、発展途上国の銀行口座の普及率は低いです。銀行口座よりもスマホの普及率の方が高いんです。

東南アジアやインドなどを人口数を考えるともの凄い規模になります。

 

MicroMoney / AMM(マイクロマネー)を売買できる取引所

現在、oMoney / AMM(マイクロマネー)は国内取引所では上場していません。 oMoney / AMM(マイクロマネー)を買うには海外の取引所から買うしか方法はありません。海外取引所からoMoney / AMM(マイクロマネー)を買うので日本円は使えません。 まずは国内取引所でBitcoin(ビッドコイン)を買ってから海外取引所でoMoney / AMM(マイクロマネー)を買う必要があります。

  • OKEX
  • HitBTC
  • Orderbook
  • EtherDelta
  • MERCATOX
  • Coinrail
  • LIVECOIN.NET
  • IDEX
  • Bibox
おすすめの記事